ファンダメンタル分析という手法


外国為替市場の為替相場の変動を予測していくためには、テクニカル分析とファンダメンタル分析の二種類の方法が知られています。
この二つの方法は、着目点や用途が違うために、両方穂分析手法を取り入れなくては、より精度の高い相場予測は立たないのですが、このうちのファンダメンタル分析は、難しい分析手法であると敬遠されがちです。

テクニカル分析は、技術的な分析手法であるために、反復練習や経験則によってその制度を比較的簡単に高めることができるのですが、ファンダメンタル分析は、情報を元にした分析手法であり、反復練習などで精度を上げていくことができない、成果が目に見えにくく、分析が成功しているのかしていないのかが見えにくいという事が、難しいと誤解される原因であると思われます。

まず前提として、ファンダメンタル分析は、完璧に行うことはできません。
取引きを行っている通貨を基軸にして、その国の経済指標や政治動向、近隣諸国、関連国との関係性などを調べ、最新の経済情報を入手していきながら、なおかつ、それに反応する市場に参加している世界中の投資家の売買心理をも考慮して予測を組み立てていくために、これらの予測を完ぺきに行うことは不可能です。

また、これだけの情報を実際に集めたとしても、それを相場の予測に生かすころには経済事情などはもう変わっていますので、事実上、ファンダメンタル分析で、テクニカル分析のような相場予測をすることはできないのです。

では、ファンダメンタル分析で行えることは何でしょう。それは、相場の動向をしっかりと抑え、流動して移り変わっていく相場の傾向、今現在の姿を刻々と追い続けることになります。

これを行っていく事により、例えば今後に起こり得る経済ショックのような金融危機を察知することができますし、経済指標の発表の前後であれば、その指標の内容を蓄積した情報から予測して、早い段階で相場に仕掛けを施すようなこともできるのです。

ファンダメンタル分析を行っていく事で、押さえておくべき情報の種類を精査したり、今までの流れとは違うちょっとした異変などにも気が付くことができるようなりますので、FX取引業者で提供される情報サービスなどを利用しながら、継続して続けていく事が、ファンダメンタル分析には必要なのです。

(c) メタトレ.NET